賃貸と不動産の違い

将来的に自分の家を持ちたいと思う人は多いでしょう。

しかし、家を持つことはいろんな意味で大きな買い物になるので、最近では、賃貸の方が良いという声も増えてきています。

ここでは、そんな持ち家(一軒家)と賃貸の違い、メリット・デメリットをご紹介します。


賃貸のメリット・デメリット

賃貸の一番のメリットは、なんと言っても自由に住み替えることができる点です。
勤務先が変わったり、経済面が変わったりした際に、契約を解消し、また新たな新居に移ることが可能になります。

自分が住んでみたいと思う憧れの町などに気軽に移動が可能となります。

反対に、賃貸のデメリットは、その場所を気に入って10年以上住んでも、10年間の家賃を払っても、その家が自分のものにはならないことです。

また自分のものでは、ないで勝手にリフォームや壁に穴を開けたりできません。

もちろん、大家さんによってはOKが出る場合もありますが、その部屋を出るときには、多くの場合で、その修理代を請求されることがあります。


持ち家(一軒家)のメリット・デメリット

自分の家を持つことの最大のメリットは、やはり一生涯自分の家が、マイホームが持てることではないでしょうか。

自分の家なので、自分の好きなように改装できたり、用途に合わせて間取りを変更できたりします。

反対に、持ち家でのデメリットは、なんといってもその価格です。

ほとんどの場合がローンを組むことになり、それも20年や最大で35年という長期のローンを組むことになるので、家のために働いてるということにもなりかねません。

またローンとは別に、家を持つと固定資産税という税もかかります。
ローンが返済されたあとも、固定資産税は、家を手放さない限り一生かかってきます。

契約内容を賃貸に行く前に確認

契約については、賃貸に行く前に行っていく傾向が多くなりますから、書類で簡単に実施されていくこととなります。書類だけで考えていくのは良くないと言われているので、なるべく見学はしっかりと行ってください。

見学している内容がいいように感じられるなら、それはすごく利用しやすいと感じられる部分に該当しています。後は気になっている部分を指摘しながら、理想的なところであれば契約しておきましょう。

契約内容によって、プラスとなる部分が多く出てくるかもしれませんが、契約内容は特に確認が重要になっていて、サインをするまでは丁寧に見ておく必要もあります。

人気が高まっている古民家の賃貸物件

最近、若者のあいだで人気が高まっているのが古民家の賃貸の物件です。古民家の物件に関しては、現代の物件では出せない味わい深い雰囲気があります。

また、京都や鎌倉などの歴史がある街においては街並みも味わい深く人気があり、賃貸の物件においてもこのような古民家の物件を探すような人もいるようです。その証拠に古い建物にもかかわらず、家賃もその町の相場よりも高いようなケースすらあります。

いい雰囲気を持つ物件ではありますが、現代の物件と異なり不便に感じるような部分も数多くありますので、そのようなことを楽しめる人に向いている物件でしょう。

梅田周辺、大阪市内の賃貸マンション、賃貸オフィス物件のことなら

ホームメイト梅田HEP前店 (有)住地不動産

〒530-0017
大阪府大阪市北区角田町6-11

梅田、大阪で不動産、賃貸マンション探しはホームメイト梅田HEP前店

http://www.ju-chi.jp/ 【公式サイト】

賃貸に関する記事