賃貸と不動産の違い

将来的に自分の家を持ちたいと思う人は多いでしょう。

しかし、家を持つことはいろんな意味で大きな買い物になるので、最近では、賃貸の方が良いという声も増えてきています。

ここでは、そんな持ち家(一軒家)と賃貸の違い、メリット・デメリットをご紹介します。


賃貸のメリット・デメリット

賃貸の一番のメリットは、なんと言っても自由に住み替えることができる点です。
勤務先が変わったり、経済面が変わったりした際に、契約を解消し、また新たな新居に移ることが可能になります。

自分が住んでみたいと思う憧れの町などに気軽に移動が可能となります。

反対に、賃貸のデメリットは、その場所を気に入って10年以上住んでも、10年間の家賃を払っても、その家が自分のものにはならないことです。

また自分のものでは、ないで勝手にリフォームや壁に穴を開けたりできません。

もちろん、大家さんによってはOKが出る場合もありますが、その部屋を出るときには、多くの場合で、その修理代を請求されることがあります。


持ち家(一軒家)のメリット・デメリット

自分の家を持つことの最大のメリットは、やはり一生涯自分の家が、マイホームが持てることではないでしょうか。

自分の家なので、自分の好きなように改装できたり、用途に合わせて間取りを変更できたりします。

反対に、持ち家でのデメリットは、なんといってもその価格です。

ほとんどの場合がローンを組むことになり、それも20年や最大で35年という長期のローンを組むことになるので、家のために働いてるということにもなりかねません。

またローンとは別に、家を持つと固定資産税という税もかかります。
ローンが返済されたあとも、固定資産税は、家を手放さない限り一生かかってきます。

賃貸に関する記事