賃貸の下見は複数の物件をチェック

入居するまでにあまり時間がないという場合であっても、賃貸の物件を決定する時には、できるだけ一件だけではなくて、できれば二件以上の物件を下見する様にしたいですね。

いくつかの賃貸を実際に確認していると、自分の中で比較する事ができます。

より条件がよい方を選択する事ができますので、可能な限り賃貸の下見は複数の物件をしっかりと見ておく事をおすすめします。

一件の物件に対して下見は一度だけという決まりもありませんので、確認するのを忘れてしまった点があった場合などは、別の機会を利用しましょう。その時には、できるだけ前回とは違う時間帯に下見を行うといいでしょう。

平日と休日の両方の状態を確認しましょう。

借りた賃貸物件は親戚に貸す事はできるか

借りている賃貸物件を身内だからと親戚などに貸す事はできるのでしょうか。これは、契約書にもだいたい記載されている特約条項うで、基本的には契約者、いわば借主一代限りの賃貸契約となっており、親戚であろうと兄弟であろうと貸す事はできません。

これを認めてしまうと、万が一、当初の借主が他に貸してしまった場合、その借りた人がまた貸すという事態にもなりかねず、物件自体も空く事がないまま長年経過する可能性も有ります。

一見すると大家さんはその方が得かのように思えますが、住んでいる人が次々に変わってしまう事は大家さんにとったら不安要素の1つです。当初の契約者であるからこそ契約を交わしていますので、使用しなくなるのであれば、一旦契約は解除しましょう。

賃貸借契約における民法の役割

賃貸借契約を結ぶ際、敷金や原状回復、仲介手数料などでトラブルになる事は多々あります。 そのようなトラブルを起こらないようにするため、トラブルになってしまった場合に民を守るためにある法が民法となります。 この法にそってトラブルの解決を行う事となります。

近年、敷金が戻ってこない。原状回復の為に多額のお金を請求された。などのトラブルが多発しております。 最近では敷金が戻ってこない際には弁護士をたてて敷金返還請求を行う人も多くなり、賃貸人と賃借人の双方でも敷金返還の原則が浸透してきているようです。

120年ぶりに民法の改正がすすめられ、その要綱原案はすでに最終決定されており、施行は数年後となるでしょう。 賃貸に関する部分も明確化されており、トラブル減少につながる事が期待されます。

一戸建てを賃貸する前に詳細に調べる利点

一戸建てを賃貸した場合、初期費用は一戸建てを購入する場合に比べると安く、一戸建てを購入すると固定資産税がかかりません。 また、一戸建てを購入してから長年積み続けると、外壁や屋根、フローリングなどが劣化してしますので、修繕する必要があり、外装をリフォームするにも費用がかかりますが、賃貸の場合は、転居時に劣化が激しい場合一部修繕費用を求められることはあっても、それほどかかりません。

また、仕事や子供の進学などで引越しをしないといけない時も引越しによる出費を抑えることが可能です。 一戸建てを賃貸する前にあらかじめ、詳細に調べることで、メリットや注意点を知ることができます。

関連ページ