レンタルオフィスで来客対応

取引先などが会社にやって来て仕事をしている場所に足を踏み入れる事は、何かと気を使う事もありますね。

大事な書類をすぐにふせたり、パソコンをスリープの状態にしたりと、周りに部外者に見られてしまっては困るという物を置いて仕事をする事が多いので、レンタルオフィスでは特にきちんと来客の対応を行う場所がほしいですね。

個人情報に関わる物を広げていると、この会社は個人情報の扱いに問題があるのでは、と疑われてしまう事もあるかもしれません。

限られた狭い場所しかないレンタルオフィスでは、仕事をしている所に顧客を呼んで話をすると言う事が難しいため、別途応接室を設けている様です。

来客対応のための応接室があると、いつ取引先が来たとしてもすぐに片づけたりする必要がありませんね。

他にも会議室があるレンタルオフィスもあるので活用していきましょう。

コスト対策に使えるレンタルオフィス

たまたま立地条件が良かった、間取りが気に入ったという人もいると思いますが、中にはコスト対策としてレンタルオフィスを使っている人もいる様です。しかし、貸事務所の中でも比較的安く利用できる物件もあります。

レンタルオフィスにするかどうかという事は、迷う人もいるかと思いますが、どちらにも特徴がありますので、できるだけ把握した上でレンタルオフィスにするのかどうかという事を決定しましょう。

コスト対策に使えるレンタルオフィスであれば、その分の費用を営業活動などに活かせる場合もあります。レンタルオフィスの家賃は毎月支払いをする必要があるからこそ、細かい所までしっかりと選びましょう。

利用人数から選ぶレンタルオフィス

どうやってレンタルオフィスを選べばいいのか全く見当もつかない事もあるでしょう。そんな時には、利用人数からレンタルオフィスを選ぶというのはいかがでしょうか。レンタルオフィスは、2から3人程度で利用する事が多い様ですが、中にはかなり人数が多くなってしまう場合というのもある様です。

レンタルオフィスを選ぶ際に利用人数というのは、最低限考慮すべき条件だと考えられます。他にもアクセスや契約における条件など、必要最低限の事については見逃す事なくレンタルオフィスを選んでいく必要があります。その上で、さらにプラスアルファの条件があれば、それも追加して考えてみると分かりやすいでしょう。

サービス重視で選ぶレンタルオフィス

高級感がありきれいな所であるかどうかという事を意識しながらレンタルオフィスを選ぶ人もいますが、中にはサービス重視でレンタルオフィスを選ぶ人もいます。レンタルオフィスが秘書サービスの提供を行っている事も多く、サービスのクオリティについて考えながら真剣に選んでいる人が多い様です。

レンタルオフィスにはいろんなサービスがありますが、特に来客対応などは、自社の印象を左右する事もありますので、取り分けて大事だという事が考えられます。自分でレンタルオフィスを訪れる機会があれば、スタッフの対応についても、しっかりとチェックしておく様にするといいでしょう。気に入った所に決定しましょう。

クレーム対応も行ってくれるレンタルオフィス

簡単そうで難しいのが、クレーム対応です。レンタルオフィスの顧客対応サービスの一環としてクレーム対応まで行ってくれる事もあるそうです。どの様に対応すればベストであるのかという事が分からない時に、レンタルオフィスにお願いするとしっかりと対応してもらう事ができます。

まだ、起業して間もない頃で、人を雇う余裕がない時には、レンタルオフィスのサービスを利用しながら、クレーム対応を行うのもいいでしょう。レンタルオフィスのスタッフが理想的なクレーム対応を行ってくれる場合には、自社の印象が良くなる事もあります。社外の人に対してレンタルオフィスのスタッフが行う対応はとても大事です。

ホワイトボードまで使えるレンタルオフィス

社員への連絡事項を記入するなどという場合には、レンタルオフィスでホワイトボードを利用したい事もあるでしょう。一部のレンタルオフィスにおいては、ホワイトボードの貸し出しを行っている事もあります。

レンタルオフィスで自由にホワイトボードが利用できると、ちょっとしたメモなどとして活用する事もできます。レンタルオフィスでは、この様な備品まで使用させていただける事もあります。

レンタルオフィスを利用するのであれば、仕事をするのに必要だと思われる備品をレンタルするといいでしょう。家具などの備品を自分で購入するという分けではありませんので、費用を節約する事につながる場合もあります。

関連ページ