不動産のおとり広告

賃貸の不動産の故国にはおとり広告と呼ばれるものがあります。

実際には存在しないような物件や、すでに入居者が決まっているような賃貸の不動産の情報を広告に掲載することを指します。

魅力的な物件情報を公開吸うことによって客を集めて、別の物件の契約をさせようというのが狙いです。おとり広告はどう考えても不正なものだと言えるでしょう。

ですから、おとり広告を掲載することは禁止されています。禁止されているからと言って、絶対に存在しないわけではありませんから注意が必要です。

怪しい不動産屋には近づかないようにするのがベストでしょう。