賃貸オフィスを従業員数で選ぶ

従業員数が少ない会社であれば、オフィスもこじんまりとしたところを求めることが多いでしょう。

また、一時的に使用するのであれば期間限定で借りることができる賃貸オフィスが最適です。

賃貸オフィスであればオフィスで必要な機器を置くにも不便がないことがほとんどですし、使いやすいです。

また、従業員数が少ない会社だけでなく、逆に多い会社にも最適です。多い会社であれば広いオフィスでのびのびと仕事ができることも多いので、業績UPにもつながるでしょう。

賃貸オフィスは自分の希望のあわせて自由に選ぶこともできるので良いです。

賃貸オフィスの消費税について解説

平成26年に消費税が8%になり、時期はなお議論されているものの、近いうちに10%への再増税が決まっています。

増税に伴って、食料品などの生活必需品に対する軽減税率導入についても議論が活発になっていますが、実は平成2年の導入当初より、消費税には非課税の取引が決められています。不動産に関連する取引では、土地の売買および賃貸借、住宅用の建物の賃貸借が非課税に指定されています。

同じ賃貸借でも、賃貸オフィスは消費税の課税対象ですが、増税時の経過措置についても解説が必要です。

賃貸オフィスの中でも、期間中の解約ができない契約になっている場合、新税率の施行日より6カ月以上前に契約している場合は、新税率施行後も契約期間中は旧税率が適用される経過措置が定められます。

カフェが1階にある賃貸オフィス

昼休みなどにカフェを利用する人もいるかと思います。賃貸オフィスの1階にカフェが入っている場合には、毎日の様に利用できそうですね。また、賃貸オフィスの1階にはカフェの他にもコンビニや飲食店など便利なお店が入っている事もあります。

賃貸オフィスの1階部分は他の企業が入居している事もありますが、お店であれば移動に時間を割く事なく、頻繁に利用できそうですね。賃貸オフィスの近くにお店があまり多くないという場合であっても、1階に利用頻度のお店があれば、利便性は一気にアップする事もあるでしょう。

女性社員などは、賃貸オフィスの周辺のスポットについて注目している人も多いのではないかと思います。

梅田周辺、大阪市内の賃貸マンション、賃貸オフィス物件のことなら

ホームメイト梅田HEP前店 (有)住地不動産

〒530-0017
大阪府大阪市北区角田町6-11

梅田、大阪で不動産、賃貸マンション探しはホームメイト梅田HEP前店

http://www.ju-chi.jp/ 【公式サイト】

関連ページ